会長メッセージ

瓜生佳久

 かつて不動産といえば、キャピタル・ゲインを「大きな果実」として取引きが行われていました。それが現在、キャピタル・ゲイン狙いではなく、インカム・ゲインを重視するようになってきました。
 インカム・ゲイン、つまり賃料収入は、立地によって大きく左右されます。建物であれば、建物の内外装のクオリティや設備によっても変動します。また近隣に同じような物件ができた場合などには、空室率が大きく変動することもあります。
 こうした空室リスクに対応しながら、インカム・ゲインをあげるためにはどうしたらよいのでしょうか。
 そのひとつの答えがリノベーションという手段です。
 土地・建物に新たな価値を加えることにより、収益性と安定性の両方にプラス効果をもたらすことが可能となります。
ふたつのプラス効果がもたらされた不動産は、インカム・ゲインの増加というオーナー様へのプラス効果だけでなく、利用するユーザー様にもメリットを与えます。
  不動産に新たな価値を付加することによって社会に貢献する。これが会社の存在理由であり、それを実現することが加瀬倉庫の存在価値であると考えています。

瓜生 佳久
 

資料請求